大統領 選挙 投票 率。 アメリカ大統領選挙で開票率 200%で バイデンの逆転とか なんなん

米大統領選は「空中戦」も活発化 投票率100%超の不正選挙言説も

🤫 1%となっています。

19

「大統領選の不正投票疑惑」いまだ真相が報道されない本当の理由 集計システムと民主党を結ぶ点と線

😛 投票率が高いのは、令和初の選挙だからではなく、民主党や中共などによる大きな不正が有ったからです。

9

投票率100%超えで200%の真相!バイデン票は不正?アメリカ大統領選挙2020カラクリ

🚒 日本に比べると、欧米社会では、政治への関心が強いとよく言われます。 そしてその流れで、大学生になって政治家の応援活動に参加する人も多くいます。 (参考:) このように大変白熱している2020年の大統領選挙では、様々な情報が交錯しています。

6

米大統領選、不正選挙のオンパレード。投票率が100%超え!?

♨ 待ち時間もほとんどなく、あっさりと投票終了するものでした。 トランプ氏は0時4分のツイートで、民主党が地盤にしている場所でも「昨晩は多くの主要州でリードしていた」が、 「それから、突然出てきた票のかたまりが集計されると、魔法のようにそれ(リード)が消えた。 〔引用終り〕 日本のネトウヨ様は、米国でさえ広まっていない大統領選の「真実」をネットで知り、ありがたがって拡散するのだった。

16

「大統領選の不正投票疑惑」いまだ真相が報道されない本当の理由 集計システムと民主党を結ぶ点と線

😙 しかし、16年は60%を割り、同党のクリントン元国務長官が敗れた。 :第1回(於:)• 投票率の低さは、事前登録制や待ち時間が長いなど、選挙制度の問題が大きい 毎回大注目される米大統領選ですが、ここまで投票率が低いのは驚きですよね。 だが、選挙当日に登録した人がいて、その人たちが投票している。

5

アメリカ大統領選、投票率上昇と票差が謎すぎる!

☣ ソースがない。 全国放映されるテレビ討論の前にポーズをとる。 そして、マスコミはどういう報道をしているかというと。

米大統領選、不正選挙のオンパレード。投票率が100%超え!?

🤩 実際に票を投じる有権者の割合は選挙によって異なるが、投票率は(大統領選挙ですら)他のほとんどの民主主義国より低い。 4%と刮目すべき投票率だった(登録有権者数が358万8563人で、投票数は320万7098票。

20

米大統領選は「空中戦」も活発化 投票率100%超の不正選挙言説も

💕 2016年の大統領選でも、選挙人獲得数はトランプ氏が306人、クリントン氏が232人だったが、選挙人による実際の投票結果は304人対227人だった。 結果を受けた分析は次回に譲るとして、今回は、ワシントンDCでの取材の現場で実感、考察したことから報告したいと思います。 4%と10ポイント以上も投票率が上昇した。

15

米大統領選、やはり怪しい「投票率」爆発【澁谷司──中国包囲網の現在地】

😍 一方、黒人男性は、南北戦争(1861~1865年)後の1870年に成立した合衆国憲法修正第15条(選挙権の拡大)により、参政権が認められていたが、有権者登録等に制限があり、完全獲得は、1964年の「1964年公民権法(Civil Rights Act of 1964)」と、1965年の「1965年投票権法(Voting Rights Act of 1965)」の成立後だ(ただし現在でも、黒人などのマイノリティーに対する有権者登録の妨害や投票所での威嚇等、投票抑圧が指摘されている)。

5